読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アメリカ村に象徴立つ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

美浜・三尾地区

 明治時代以降、多くのカナダ移民を送り出し、「アメリカ村」として知られる美浜町三尾地区に、カナダ先住民族の彫刻家が制作したトーテムポールと、「カナダ移民の父」と呼ばれる地区出身の工野儀兵衛(1854~1917年)の胸像が設置された。同町は「移民の歴史を伝え、カナダとのつながりの象徴になる」と期待している。(森本寿夫)

先住民族作トーテムポール■「カナダ移民の父」胸像

 トーテムポールは、高さ約4メートル、直径約70センチ。樹齢300年以上のレッドシダー材で、先住民族のダレン・イエルトンさんが制作。移民を語るのに欠かせないサケなどの姿が刻まれている。移民の歴史を伝える「カナダミュージアム」の庭に胸像とともに設置された。

設置されたトーテムポールと胸像(中央が高井さん、美浜町で)
設置されたトーテムポールと胸像(中央が高井さん、美浜町で)

 2019年、日本カナダ商工会議所(カナダ)のサミー高橋会長が過疎化に悩む三尾地区の現状を知り、「地域の観光資源に」と、本場のトーテムポールの寄贈を提案した。儀兵衛のひ孫の高井利夫さん(72)(兵庫県姫路市)が賛同し、理事長を務めるNPO法人「国際協力推進協議会」の資金で実現した。

 高井さん自ら費用を出した胸像は、銅製で高さ約70センチ。50歳代ぐらいの写真をもとに作られ、口を真一文字に結んだ精悍せいかんな顔立ちをしている。

 儀兵衛は1888年、カナダ・バンクーバーに単身渡航。豊漁を目にしてサケ漁に従事し、地元住民を呼び寄せて移民社会の発展に尽力した。カナダの三尾出身者は1940年に2000人以上に達したとされる。

 5月に開かれた除幕式で、高井さんは「アメリカ村の歴史を風化させないよう、少しでも役に立てれば」と語った。

 カナダの高橋会長とイエルトンさんは、コロナ禍で出席がかなわなかったが、現地の日系人向けの邦字ニュースサイトでもこのニュースが取り上げられたという。

無断転載・複製を禁じます
2118536 0 ニュース 2021/06/12 05:00:00 2021/06/12 05:00:00 2021/06/12 05:00:00 寄贈されたトーテムポールと胸像(中央が高井さん、美浜町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)