読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

出品生徒「説明緊張した」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

秋篠宮ご夫妻にオンラインで

秋篠宮ご夫妻とオンラインで交流する高校生たち(和歌山市で)=代表撮影
秋篠宮ご夫妻とオンラインで交流する高校生たち(和歌山市で)=代表撮影

 7月31日に開幕した全国高校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)は1日、県内各地で部門ごとの展示や発表が行われた。

 このうち、御坊市民文化会館での英語部門と、県立近代美術館(和歌山市)での美術・工芸部門は、秋篠宮ご夫妻が東京の秋篠宮邸からオンラインで視聴された。

 同美術館では、各都道府県から選ばれた絵画、彫刻、工芸など約280点を展示。作品を出品した和歌山県立神島高2年の山田瑠奈さんら4人は、ご夫妻に向けて作品のテーマや狙いを説明した。ご夫妻は「濃淡をはっきりと表せてますね」「材料は何を使っていますか」などと熱心に質問された。山田さんは「緊張したけど褒めていただいてうれしかった」と話した。

 ご夫妻はその後、総文祭の生徒実行委員会委員長の前冬磨さん(開智高3年)ら4人とも交流。秋篠宮さまは7月31日の総合開会式をオンラインで視聴されたことに触れ、「開会式は印象深いものでした」と感想を述べられた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2253490 0 ニュース 2021/08/02 05:00:00 2021/08/02 05:00:00 2021/08/02 05:00:00 秋篠宮ご夫婦と交流する実行委のメンバー=代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYTNI50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)