読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

軽症・無症状 宿泊療養も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

知事方針 新たに90人感染

 県は24日、幼児~90歳代の男女90人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日の新規感染者数としては、過去最多の20日に並んだ。入院者数は525人、直近1週間の新規感染者数は人口10万人あたり59・4人で、最多を更新。病床使用率は93・8%となった。

 保健所管内別では、和歌山市40人、田辺14人、岩出8人、橋本、御坊、新宮各6人、海南、湯浅各3人、県外4人。橋本保健所管内の無職女性(40歳代)1人が重症。また、新宮保健所管内の女性4人(40~90歳代)は「那智勝浦町立温泉病院」(那智勝浦町天満)の看護師や入院患者で、院内感染とみられる。同病院は外来や新規入院の受け付けを停止し、職員と患者計約330人の検査を進める。

      ◇

 県内では感染者は症状にかかわらず全員入院という方針を取ってきたが、仁坂知事は24日の定例記者会見で、9月1日からホテルでの宿泊療養も並行することを明らかにした。仁坂知事は「全員入院が苦しくなってきた。危機的な状況だが、これ以上の感染拡大は抑えないといけない」などと県民に呼びかけた。

 県は、和歌山市黒田のビジネスホテル「東横INN JR和歌山駅東口」の187室のうち151室をコロナ患者向けに確保。対象は入院患者のうち一定期間を過ぎても軽症または無症状で、医師の許可が得られた人とする。感染者数が減らなければ、入院を経ずに直接ホテルで療養してもらうことも想定している。

 同様の宿泊療養は今年5月にも検討されたが、病床使用率が改善したため見送られた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2311712 0 ニュース 2021/08/25 05:00:00 2021/08/25 05:00:00 2021/08/25 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)