海開き 待ってて

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

海開きに向けブイを張る観光協会のメンバー(串本町で)
海開きに向けブイを張る観光協会のメンバー(串本町で)

串本 2日に向け準備

 29日、県内全域が太平洋高気圧におおわれ、県内各地で30度を超えた。

 和歌山地方気象台によると午後4時までに新宮市で35・0度(平年28・0度)、和歌山市で32・8度(同28・7度)となるなど今年に入って最高を記録した。

 暑さが比較的穏やかな串本町でも27・6度まで気温が上がった。橋杭海水浴場では地元の南紀串本観光協会のメンバー約10人が、遊泳区域にブイを設置するなどして7月2日の海開きに備えた。

 同海水浴場は、国天然記念物の橋杭岩や紀伊大島を見渡せる景勝地にある。砂浜に太陽が照りつける中、同協会の島野利之会長(55)は「規模は小さいが、その分、プライベート感も楽しめるビーチ。水質もきれいです」とPRしていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3125593 0 ニュース 2022/06/30 05:00:00 2022/06/30 05:00:00 2022/06/30 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYTNI50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)