介護送迎事故防げ 時間や人手でジレンマ

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

高齢者を送迎車へ乗せる介護スタッフ。運転手とスタッフの2人態勢で送迎を行っている(22日、山辺町で)
高齢者を送迎車へ乗せる介護スタッフ。運転手とスタッフの2人態勢で送迎を行っている(22日、山辺町で)

 山形市で介護福祉施設の送迎車が道路下に転落し、利用者の女性2人が死傷した事故(1月25日)から1か月が過ぎた。昨年末には高畠町でも送迎中の死亡事故が発生。県は相次ぐ死亡事故を受け、送迎時の安全を確保するための対策の検討を始めたが、送迎を取り巻く環境の厳しさも浮かび上がってきた。(鈴木恵介)

 1月25日の事故は山形市下東山の丁字路交差点で午前8時50分頃に発生。交差点を左折しようとした近くの介護福祉施設の送迎車が曲がりきれずに道路脇の金属製の柵を突き破り、約7・5メートル下の畑に転落した。

 利用者の女性(80)が死亡し、90歳代の女性も骨盤骨折などの重傷を負った。路面は圧雪状態で凍結しており、県警はスピードの出し過ぎによるスリップが原因とみている。

 昨年12月20日午前9時20分頃には、高畠町相森で介護福祉施設の送迎車が道路脇の電柱にぶつかり、利用者の女性(75)が胸などを打ち死亡した。県警が事故原因を捜査中だ。

     ◇

 県警交通企画課によると、2015年以降、県内で介護福祉・障害者支援施設の送迎車が絡む交通死亡事故は6件発生。スリップや捜査中の直近2件を除く4件の事故原因は、1件が同乗者に気を取られて対向車線にはみ出したこと、3件は考えごとなどをしていて一時停止標識や赤信号を見落としたり、道路外にはみ出したりしたことだった。

 また、6件のうち4件は送迎車に乗っていた施設関係者は運転手のみで、利用者を介助する人は乗っていなかった。

 こうした状況に、県老人福祉施設協議会(山形市)の峯田幸悦会長(61)は「利用者の体調管理や安全確保をしながらの運転は注意散漫になりかねない。運転手と添乗者の2人体制は必要だ」と指摘する。

 一方、事故を受けて県が今月7日、施設の関係者ら約20人を集めて県庁で開いた「介護サービス送迎時等事故防止対策連絡会議」では、現場から送迎を巡る切実な声も聞かれた。

 高齢者は家族の付き添いで定刻通りに家の前で待ち、家族は高齢者を送り出してから仕事などへ出かける人が多い。そのため、「時間通りに運行しないといけない」「渋滞で遅れると気持ちが焦る」などの声が聞かれた。

 また、介護報酬は送迎を終えて施設内でのサービスが始まってから算定される。遅れるとその分、減収につながる。本県のような雪国では、送迎前の雪かきや積雪で通常より大幅に送迎時間がかかることもあり、「遅れてはいけないというプレッシャーが常につきまとう」という。

     ◇

 人手不足が深刻化する中、送迎時の人員確保に悩む施設も多い。

 通所介護事業も行っている山辺町大塚の特別養護老人ホーム「やまのべ荘」では、送迎専門の3人が常駐し、8人乗りや15人乗りの送迎車については、専門の送迎員と添乗スタッフの2人体制で送迎を行っている。

 職員の女性(37)は「シートベルトを外してしまう高齢者もいるので、添乗スタッフは必要」と話す。

 ただ、鈴木弥夫ひさお施設長(60)は「多くの施設では、送迎担当の職員がそれ以外の業務を掛け持ちで行っている。入浴サービスなど負担の大きい業務を終えた後に送迎を行わなければならないこともある」と指摘する。

 また、県長寿社会政策課によると、高齢者の増加に伴い、県内の通所介護を行う事業所は09年の344か所から昨年には480か所と約1・4倍に増えた。施設間の競争が激化し、「利用者確保のために地域をまたいで広範囲に送迎をしている事業所は多い」(鈴木施設長)といい、スタッフの負担や疲労が大きくなっている。

国の報酬「雪国を軽視」

 国の送迎に関する報酬が雪国の現状から乖離かいりしているとの指摘もある。

 障害福祉サービス事業所での送迎業務については、厚生労働省が3年ごとに行っている報酬改定に伴い、「送迎加算」が今年度減額された。燃費向上などで自動車の維持費が低下していることを受け、「適正化を図った」(同省)という。

 ただ、本県など雪国では冬タイヤの装着など都市部に比べ、維持費がかかる。県内の障害者支援施設の施設長は「現行制度は雪国の送迎を軽視しているのではないか。我々は命を預かって送迎をしている。安心して業務に当たれるようにしてもらいたい」と、雪国の実情に合った制度設計が必要と訴える。

471186 1 深層 追跡 2019/02/28 05:00:00 2019/02/28 05:00:00 2019/02/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190303-OYTAI50002-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ