5市町が特選全国へ 県広報コンクール

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「全国広報コンクール」(日本広報協会主催、読売新聞社など後援)の県予選を兼ねた「県市町村広報コンクール」の審査結果が発表され、「広報紙の部」は、酒田市と朝日町が特選に選ばれた。また、「写真の部」の一枚写真は金山町、組み写真は西川町が特選を受賞。「映像の部」特選の上山市を含め、特選の5市町は全国コンクールに進む。

 酒田市の「私の街さかた11月号」は、バレーボールや相撲などゆかりのアスリートや指導者を特集。両面表紙など目を引くレイアウトが「随所に工夫が感じられ、広報紙の概念を覆す秀逸な一冊」と称賛された。

 朝日町の「広報あさひまち7月号」は、見開きで学校給食を取り上げ「子供たちの生き生きとした写真をうまく使っている」などと評価を受けた。

 また、金山町の「広報かねやま11月号」は、歌舞伎の化粧「隈取くまどり」をしてもらう少年の写真が「伝統芸能の伝承の尊さが感じられる迫力ある一枚」と評された。

 複数の雪灯籠の写真を活用した西川町の「NETWORKにしかわ3月号」は「人と雪灯籠のコントラストが印象に残る」と支持された。

 コンクールは2018年に発行・発表された県内市町村の広報媒体が対象。

 広報紙の部(市部、町村部)は12市と11町村、写真の部は一枚写真が27市町村、組み写真が23市町村、映像の部には3市から応募があり、大学教授や報道関係者、県広報広聴推進課長らが1月に審査を行った。

416440 0 ニュース 2019/02/01 05:00:00 2019/02/01 05:00:00 2019/02/01 05:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ