大相撲村山場所8月12日 61年ぶり

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

村山場所の契約を結んだ松ヶ根親方(左)と志布市長(村山市役所で)
村山場所の契約を結んだ松ヶ根親方(左)と志布市長(村山市役所で)

 大相撲の夏巡業「大相撲村山場所」が8月12日、村山市碁点の市民体育館で開催されることになった。日本相撲協会巡業部の松ヶ根親方と、実行委員長を務める志布隆夫市長が、興行に関する契約を結んだ。

 市によると、市内での大相撲は1958年以来61年ぶり。巡業では取組や公開稽古に加え、力士が禁じ手などを面白おかしく実演する「初っ切り」、独特の節回しで歌う「相撲甚句」などが行われる予定。チケットの発売は5月になる見通しという。

 市役所で21日、契約が締結された。終了後、志布市長は、「注目度が高く、市をはじめ近隣からの期待も相当ある。興行が大成功するよう協力していきたい」と述べ、松ヶ根親方は「体育館も立派で成功すると思う。できる限りのことをさせていただく」とあいさつした。

461836 0 ニュース 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 2019/02/26 05:00:00 村山場所の契約を結んだ松ヶ根親方(左)と志布市長(21日、村山市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190225-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ