幸せ願う「傘福」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

色鮮やかな傘福(1日、村山市楯岡二日町の楯岡地域市民センターで)
色鮮やかな傘福(1日、村山市楯岡二日町の楯岡地域市民センターで)

村山 花や動物などをかたどった色とりどりの縁起物をつるした「傘福」の展示が1日、村山市楯岡二日町の楯岡地域市民センターで始まった。

 家族の健康や幸せを願って作られた縁起物をつるす傘福。センターでは、同市の「ばら・傘福クラブ」のメンバーらが手作りしたものを展示しており11回目。

 会場には、約20人のメンバーが作った計4000体以上の縁起物が天井などからつり下がり、来場者たちは、手で触れるなどして楽しんでいた。

 同クラブの鈴木美津子代表(74)は「見てくださる方々が自然と笑顔になってくれる様子を思い浮かべて作りました」と話していた。

 展示は30日まで。午前9時~午後6時。入場無料。問い合わせは、同センター(0237・55・7477)へ。

469550 0 ニュース 2019/03/02 05:00:00 2019/03/02 05:00:00 2019/03/02 05:00:00 色とりどりの傘福に見入る人たち(1日午前10時13分、村山市楯岡二日町の楯岡地域市民センターで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190301-OYTNI50053-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ