蔵王で「山の日」大会決定 21年 式典や登山

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国民の祝日「山の日」を記念する「第6回『山の日』全国大会」が2021年8月11日、蔵王(山形市、上山市)で開催されることが決まった。東北では初めての開催で、記念式典や記念登山などが予定されている。

 山の日は16年に設けられた祝日で、例年は8月11日(来年は同10日)。大会は、山の日の浸透や、山に関する歴史・文化の継承、環境保全、観光振興など様々な課題の解決、山の未来のあり方を考えるために開催されており、これまでに上高地(長野県)、那須連山(栃木県)、大山(鳥取県)で開かれ、今後、金峰山(山梨県)、くじゅう地域(大分県)での開催が決まっている。

 県みどり自然課によると、「全国山の日協議会」の理事会で蔵王での開催が決定し、県が5月30日に発表した。吉村知事は「山岳観光の振興や山の魅力の再認識につなげたい」と話している。

無断転載禁止
634711 0 ニュース 2019/06/13 05:00:00 2019/06/13 05:00:00 2019/06/13 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ