地震に負けず海開き 鶴岡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鶴岡市の湯野浜海水浴場が12日、海開きを迎えた。雨で小学生の初泳ぎは中止となったが、湯野浜温泉街にある湯野浜振興センターで海開きの式典が開かれ、地元の観光関係者ら約30人が出席。6月18日の本県沖を震源とする地震の影響をはねかえし、安全で活気あるシーズンとなるよう祈願した。

 式典では安全祈願に続いて、近くのひばり保育園の園児19人が踊りを披露し、式を盛り上げた。

 湯野浜温泉観光協会によると、同温泉街では地震による建物被害はほとんどなかったが、地震後の3日間で約1600人のキャンセルがあり、夏季の予約も例年の8割程度にとどまっているという。

 同協会は8月18日までの海水浴期間中、花火打ち上げやシーカヤック体験などのイベントも予定しており、筒井重浩会長は「たくさんの人たちに来てもらい、楽しい夏休みを過ごしてほしい」と話した。

 この日、遊佐町の2海水浴場も海開きした。20日頃までに庄内地域の全12海水浴場が今季の営業を開始する予定という。

無断転載禁止
688859 0 ニュース 2019/07/13 05:00:00 2019/07/13 05:00:00 2019/07/13 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ