もがみねぎ 出荷スタート

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ネギの出荷作業に追われる従業員ら(20日、舟形町長者原で)
ネギの出荷作業に追われる従業員ら(20日、舟形町長者原で)

 最上地域特産の「もがみねぎ」の出荷が始まった。新庄市福田のもがみ中央農業協同組合本店で20日、出荷式と安全祈願祭が行われ、生産者や関係者ら約75人が出荷の盛況などを祈願した。

 もがみねぎは、軟らかさとみずみずしさが特徴。6月末に低温が続いたため、変色したり枯れたりする被害があったが、その後、対策を徹底し、例年並みの品質を回復した。主に関東圏へ出荷し、8億円の売り上げを目標にしている。

 安全祈願祭では、参加者が出荷の盛況や農作業の安全を祈願。舟形町長者原の選果施設では、従業員らが収穫されたネギの根や葉を機械で切り落とし、箱詰めする作業に追われた。

 同組合ねぎ部会の国分明部会長(81)は「丹精込めて作ったネギを多くの人に味わってほしい」と話していた。

無断転載禁止
757125 0 ニュース 2019/08/23 05:00:00 2019/08/23 05:00:00 2019/08/23 05:00:00 ねぎを箱詰めする従業員ら(20日午前10時48分、舟形町長者原で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190822-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ