周南のホテル跡にスーパー フジが12月開店

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

CM出店計画地図0130岩柳
CM出店計画地図0130岩柳
スーパー出店が計画されているホテル跡地
スーパー出店が計画されているホテル跡地

 周南市中心部のホテル跡地に、中国・四国地方でスーパーを展開するフジ(本社・松山市)が出店を計画していることがわかった。今年12月の開店を予定している。(大野亮二)

 計画地は同市桜馬場通3。市中心部と下松市を結ぶ幹線道沿いで、繁華街や住宅街に近い。老舗「アドホック・ホテル丸福」から「ザ・グラマシー」へと改装してホテル営業を続けていたが、昨春に閉店。建物は解体され、更地になっている。

 フジは愛媛県内を中心に、中国、四国地方で96店を展開。県内でも、岩国市や山口市などに「フジ」「フジグラン」の店名で9店を構える。同社の広報担当は読売新聞の取材に、周南市への出店について「まとまった人口があり、需要が見込めることや交通の便が良いことから決めた」とした。

 店名は「フジ桜馬場店」(仮称)。約3280平方メートルの敷地に、約1270平方メートルの売り場を備えた鉄骨平屋の建物と駐車場を整備する。5月に着工し、12月にオープンする計画で、営業時間は午前7時~午前0時の予定。

 2月4日午後6時半から、市徳山保健センターで住民説明会を開く。

 計画地から半径約1キロ圏内には、「ゆめタウン徳山」や県内地場の「アルク」などが出店しており、小売り競争が激化しそうだ。

 周南市毛利町の主婦(70)は「中心部なのに更地のままだと、街が寂しい。買い物先が増えることは歓迎したい」と話した。

無断転載禁止
406656 0 ニュース 2019/01/30 05:00:00 2019/01/30 10:33:18 2019/01/30 10:33:18 CM出店計画地図0130岩柳 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190129-OYTNI50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ