下松ご当地ソング40曲 民謡や校歌の歌詞紹介

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

下松のご当地ソングなどの歌詞を紹介する展示会場
下松のご当地ソングなどの歌詞を紹介する展示会場

 下松市内に伝わる民謡やゆかりの歌、校歌の歌詞を紹介する企画展「未来へ伝えたいくだまつの唄」が、同市大手町の市民交流拠点施設「ほしらんどくだまつ」で開かれている。

 市制施行80年を記念して市教育委員会が企画。約40曲の歌詞をパネルなどで展示し、レコードやカセットテープも並べた。

 このうち、市制50年(1989年)を記念した「潮騒と星のまち」は、山上路夫さん作詞、平尾昌晃さん作曲の市のイメージソング。山上さんと平尾さんは、小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」を作詞・作曲したコンビで、ヒット曲を生んだ2人が下松のご当地ソングを手掛けたことで当時も話題となった。

 ほかに、市内8小学校の校歌や、江の浦小、深浦中など閉校した学校の校歌の歌詞も紹介している。

 市教委の担当者は「歌詞を見ることで、下松の魅力を再発見してほしい」と話している。9月25日まで。

無断転載禁止
531034 0 ニュース 2019/04/11 05:00:00 2019/04/11 05:00:00 2019/04/11 05:00:00 ご当地ソングの歌詞を紹介する展示資料 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190410-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ