読売新聞オンライン

メニュー

指先に初夏の色 東亜大生、シール考案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東亜大の学生らが制作したネイルシール
東亜大の学生らが制作したネイルシール

 指先を華やかに彩って、新型コロナウイルスのストレスを解消してもらおうと、下関市の東亜大の学生らが22日、日本航空と連携して制作したネイルシールを宇部市の山口宇部空港で無料配布した。

 爪に貼っておしゃれを楽しめるシールで、同大芸術学部トータルビューティ学科の学生らが企画。日本航空のキャビンアテンダントらの意見を聞き、「初夏の山口」をテーマに県花の夏ミカンなどをデザインしたネイルシールを考案した。

 学生らが空港出発ロビーで配ると、搭乗客が笑顔で受け取っていた。同科2年の当山麗華さん(20)は「かわいくて元気が出るビタミンカラーを使った。気持ちを上げるために活用してほしい」と話していた。

 14枚入り1320円(税込み)で販売している。専用サイト(https://etob.jp/)のほか、下関市のホテル西長門リゾートでも購入できる。

無断転載・複製を禁じます
1360096 0 ニュース 2020/07/23 05:00:00 2020/07/23 05:00:00 2020/07/23 05:00:00 東亜大の学生たちが開発したネイルシール https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200722-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)