健康志向、焼き菓子開発 つねまつ菓子舗と理科大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

体に優しい新菓子「はぶ茶ワーズ」
体に優しい新菓子「はぶ茶ワーズ」

 山陽小野田市立山口東京理科大と市内の老舗菓子店が、体に優しい菓子をテーマにした新商品「はぶ茶ワーズ」を共同開発した。生薬を練り込んだ焼き菓子で、3日から販売されている。

 菓子店は、1925年に創業し、地元銘菓「せめんだる」などを販売する「つねまつ菓子舗」。取引先の西京銀行が仲介し、同大の楠瀬直喜助教(薬学博士)との共同開発が実現した。

 新商品には、エビスグサの種でハブ茶にも使われるケツメイシを練り込んだ。便通などに効くとされる生薬で、主なターゲットを女性とした。甘味にはオリゴ糖を使うなど材料選びは健康に配慮したという。

 1個150円(税別)。食べ応えのある食感で甘さ控えめ。恒松和也社長は「おいしく健康維持ができるお菓子です」と紹介する。問い合わせは、同店(0836・83・9060)へ。

無断転載・複製を禁じます
1363453 0 ニュース 2020/07/25 05:00:00 2020/07/25 05:00:00 2020/07/25 05:00:00 体に優しい新菓子「はぶ茶ワーズ」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200724-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ