新観光列車 下関で外装 10月から広島県内を運行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

外装作業が進む「etSETOra」
外装作業が進む「etSETOra」

 JR西日本広島支社(広島市)は24日、10月から広島県内で運行する新観光列車「etSETOra(エトセトラ)」の外装作業の様子を、下関市の下関総合車両所で報道陣に公開した。

 新観光列車は、10~12月に展開される観光キャンペーンの一環で導入。瀬戸内海の「青」と、海岸線から見える波の「白」をあしらったデザインで、名前は、瀬戸内の魅力をたくさん感じてほしいと、広島弁の「えっと(たくさんの)」などにちなんだという。

 この日は、作業員が白く塗装された車両の側面に瀬戸内海を表現する青いフィルムを貼り付けるなどした。今月中に完成する予定で、同車両所の新原正徳所長は「素晴らしい仕上がりになっている。山口県からも含め、多くのお客様に乗っていただきたい」と話した。

 新観光列車は2両編成(定員40人)で10月3日から月、金、土、日曜、祝日に運行。往路は呉線・広島―尾道駅間、復路は山陽線・尾道―宮島口駅間を走る。

無断転載禁止
1365173 0 ニュース 2020/07/26 05:00:00 2020/07/26 05:00:00 2020/07/26 05:00:00 外装作業が進む「etSETOra」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200725-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ