平生でオリーブ栽培方法講習会 地域おこし隊員が講師

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

宮崎さん(左)から肥料の与え方を学ぶ参加者
宮崎さん(左)から肥料の与え方を学ぶ参加者

 オリーブの栽培方法を学ぶ講習会が1日、平生町佐賀の阿多田交流館などで開かれ、町民ら16人が参加した。

 同町がある室津半島とイタリア半島の形が似ていることから、町はイタリアをテーマにした地域おこしに取り組んでいる。今回は、同国で栽培が盛んなオリーブの育て方を学んでもらおうと、講習会を企画した。

 午後の部には6人が参加。同町地域おこし協力隊員の宮崎孝志さん(28)が講師を務め、オリーブ栽培の歴史を紹介したり、世話の仕方に関するアドバイスをしたりした。

 阿多田公園に植樹されている苗に肥料を与える実習も行われ、参加者らは根の外側に円を描くようにして溝を掘り、丁寧に肥料をまいていった。

 参加した同町尾国、窪田力三さん(71)は「色々と勉強になることが多く、帰ったら早速、実践してみたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1380614 0 ニュース 2020/08/02 05:00:00 2020/08/02 05:00:00 2020/08/02 05:00:00 宮崎さん(左)から肥料の与え方を指導される参加者(平生町の阿多田公園で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200801-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ