湯野温泉 独自の商品券 3施設で使用可

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

商品券とチケットをPRする西田さん(左)ら
商品券とチケットをPRする西田さん(左)ら

 周南市の湯野温泉は、新型コロナウイルスの影響で低迷する観光需要を喚起しようと、額面2000円分を半額の1000円で購入できる独自のプレミアム商品券を発行する。

 商品券を利用できるのは、芳山園、紫水園、湯野荘の3施設で、宿泊や食事、土産物、各種サービスの支払いに使える。1セットは500円券4枚つづりで、800セットを発行。購入上限は1人10セットまで。プレミアム分は市の補助金を充てる。

 3施設の温泉を巡れば通常約1800円かかる入浴代金が900円になる「ゆめぐりプレミアムチケット」も1000セット発行する。各施設の入浴券が3枚つづりになっている。

 商品券、チケットとも9月1日から3施設と市内の道の駅ソレーネ周南、まちのポートで販売する。有効期限は来年1月末まで。

 湯野温泉旅館協同組合理事で紫水園社長の西田宏次朗さんは「足が遠のいたお客さんに利用してもらうための起爆剤にしたい」と話す。

 問い合わせは周南観光コンベンション協会(0834・33・8424)へ。

無断転載・複製を禁じます
1437319 0 ニュース 2020/08/28 05:00:00 2020/08/28 05:00:00 2020/08/28 05:00:00 商品券とチケットをPRする西田さん(左)ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200827-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ