コロナ検査体制を来月拡充 かかりつけ医でも可能に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 村岡知事は23日、かかりつけ医などでも新型コロナウイルスの検査を受けることができる体制を整備する考えを示した。県議会定例会の代表質問で答弁し、明らかにした。

 県健康増進課によると、感染検査は現在、県内の保健所や帰国者・接触者外来を設置している医療機関などに限られている。発熱やせきなどの症状が似ているインフルエンザの流行期に向け、抗原検査を受けられる医療機関を増やし、保健所などの負担軽減を目指す。

 県は今後、地域の医師会を通じて検査を実施できる医療機関を募り、「診療・検査医療機関」に指定する。10月中に受診相談センターを設置し、相談者に検査を受けられる医療機関を紹介する体制を整えるという。

 村岡知事はインフルエンザの流行期に発熱などの症状が出る患者が増えることを踏まえ、「検査の需要増加が見込まれる。さらなる検査体制の拡充などが極めて重要」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1496778 0 ニュース 2020/09/24 05:00:00 2020/09/24 05:00:00 2020/09/24 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ