日本酒お得に楽しんで 下関で秋の蔵開き

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本酒が並ぶ会場
日本酒が並ぶ会場

 下関市幡生宮の下町の下関酒造で10日、秋の酒蔵開きが始まり、日本酒ファンが限定酒などを買い求めた。11日まで。

 新型コロナウイルスの影響で春の蔵開きは中止したが、秋については地域を少しでも盛り上げるため来場者の検温を行うなどの対策を講じた上での開催を決断。地元の飲食店を応援し、「家飲み」を勧めようと、すし店など6店舗が作った持ち帰り弁当も並べる。

 酒の貯蔵庫などを開放して自慢の銘柄を値引き販売。蔵開き限定の純米大吟醸などの6本セット(各720ミリ・リットル)が半額近くの3980円(税込み)で人気を集めている。コロナ禍で日本酒コンテストが中止となったのを受け、通常はお目にかかれないコンテスト用の純米大吟醸なども数量限定で用意している。

 常務の内田喬智たかのりさん(32)は「最高の家飲みを提供したい」と話している。

 午前9時半~午後2時半。問い合わせは同酒造(083・252・1877)へ。

無断転載・複製を禁じます
1538221 0 ニュース 2020/10/11 05:00:00 2020/10/11 05:00:00 2020/10/11 05:00:00 会場に並ぶ日本酒 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201010-OYTNI50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ