駒沢大・山野選手に宇部市スポーツ賞 箱根駅伝V 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

篠崎市長(左)から市スポーツ栄光賞特別賞の賞状を受け取った山野選手
篠崎市長(左)から市スポーツ栄光賞特別賞の賞状を受け取った山野選手

 2、3日に行われた第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)で、総合優勝した駒沢大のメンバーとして走った宇部市出身の山野力選手(2年)が6日、篠崎圭二市長に結果を報告した。同市は山野選手に市スポーツ栄光賞特別賞を贈った。

 山野選手は、神原小、神原中、宇部鴻城高を卒業。箱根駅伝への出場を目指し、同大へ進学した。

 今大会では第9区を任され、2位でたすきを受けた。「最初の5キロでトップに30秒も離されてしまい、すぐにペースを上げた。だが、足を使い切り、縮まらなかった」と悔しがった。

 トップから3分以上離されて最終10区の先輩にたすきをつなぎ、その先輩は見事に逆転した。「いいチームに恵まれた」と大会を笑顔で振り返った。

 山野選手は大会後に始動した新チームの副キャプテンに指名された。「今年はふがいない結果だった。来年は自分も貢献する形で優勝したい」と決意を新たにした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1752001 0 ニュース 2021/01/07 05:00:00 2021/01/07 05:00:00 2021/01/07 05:00:00 宇部市から市スポーツ栄光賞特別賞を受けた山野選手(右、左は篠崎市長) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210106-OYTNI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)