読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

シャクナゲ心癒やす 防府・宇佐八幡宮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見頃を迎えているシャクナゲ
見頃を迎えているシャクナゲ

 防府市鈴屋の宇佐八幡宮でシャクナゲが見頃を迎え、赤やピンクの花が参拝客らを楽しませている。

 同八幡宮によると、シャクナゲは1999年から植栽が始まり、現在は約1000本が植えられている。今年は、例年より1週間ほど早い3月下旬から咲き始め、見頃は5月中旬まで続く見込みという。

 石村守宮司は「コロナ禍で大変な中、美しい花を見て穏やかな時間を過ごしていただけたら」と話している。

 今月17、18日には「シャクナゲまつり」が開かれ、鉢物や農産物の販売などが予定されている。問い合わせは同八幡宮(0835・36・1154)へ。

無断転載・複製を禁じます
1968834 0 ニュース 2021/04/08 05:00:00 2021/04/08 05:00:00 2021/04/08 05:00:00 見頃を迎えたシャクナゲ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210407-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)