読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ早期収束祈るお札を配布

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鳳輦の前でお札(右)とご朱印を紹介する森宮司
鳳輦の前でお札(右)とご朱印を紹介する森宮司

 下関市の大歳神社は1日から、新型コロナウイルスの早期収束を祈るお札を、境内と近くの大丸下関店で配る。境内は24日までで、大丸はなくなり次第終了する。

 同神社では、25日に 夏越祭なごしさい のご神幸祭が行われる。子どもみこしが披露される予定で、大丸でみこしが公開されている。

 ご神幸祭では例年、子どもみこしが担がれるが、今年は感染拡大防止のために軽トラックに載せて地元を巡る。森裕宣宮司(40)は「ご神徳にあやかり、心の安寧を図る一助になってほしい」と話す。境内では1日から、もう一つのみこしの「 鳳輦ほうれん 」をデザインしたご朱印(200部限定)を参拝客に500円で分ける。

 問い合わせは同神社(083・223・0104)へ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2168410 0 ニュース 2021/07/01 05:00:00 2021/07/01 05:00:00 2021/07/01 05:00:00 鳳輦の前でお札(右)とご朱印を紹介する森宮司 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)