読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

久保修さん特別展 下関できょう開幕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

様々な作品が並んだ会場
様々な作品が並んだ会場

 美祢市出身の切り絵画家、久保修さんの特別展「紙のジャポニスム~Kiri●線のかたち~」(読売新聞社、KRY山口放送など主催)が17日、下関市長府黒門東町の同市立美術館で開幕する。16日は内覧会が開かれ、久保さんは「作品と対話してもらえればうれしい」と話した。

 久保さんは和紙をベースに多彩な技法、材料を駆使。日本の風土を描いた作品は「紙のジャポニスム」と称され、海外でも人気を集めている。2019年には県文化功労賞、文化庁長官表彰を受賞した。

 会場では計約100点を展示。秋芳洞や秋吉台に桜を重ねた作品や、米ニューヨークのビル群を 緻密ちみつ に仕上げた作品などが並ぶ。

 月曜休館(8月9日を除く)。9月5日まで。一般1000円、大学生800円、18歳以下は無料。17、18日は久保さんによるサイン会がある。問い合わせは同館(083・245・4131)へ。

※●は「e」の上に「´」が付く

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2213290 0 ニュース 2021/07/17 05:00:00 2021/07/17 05:00:00 2021/07/17 05:00:00 様々な作品が並んだ会場 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)