新ブドウブラックキング

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名称決定 「果物の王様に」

名称が「ブラックキング」に決まった新品種のブドウ(県提供)
名称が「ブラックキング」に決まった新品種のブドウ(県提供)

 県果樹試験場(山梨市)が新たに開発した赤色系ブドウの名称が「ブラックキング」に決まった。新品種は大粒で糖度が高く、皮ごと食べられるのが特徴で、高級ブドウ「シャインマスカット」に並ぶ品種として期待されている。県農業技術課の担当者は「『キング』の名の通り、他品種に負けない果物の王様になってほしい」と話している。

 同課などによると、ブラックキングは、ピオーネなど2種類のブドウを掛け合わせ、約10年かけて開発された。1粒の重さは平均22グラムで皮離れが良く、甘さと酸味のバランスに優れている。高温でも皮の色づきが良く、温度が高いと色づきが悪くなる巨峰やピオーネの弱点を克服しているという。

 名称は、県やJAなどでつくる「県オリジナル品種ブランド化推進会議」が一般から公募。県内外から寄せられた約750件の中で、ブラックキングの名が最も多く、「色が黒くて大粒」という新品種のイメージに合っていたため、特許庁に商標登録を出願し、今年2月に認められた。

 これまでに約7000本の苗木が農家に供給され、現在は試験栽培中といい、市場に出回るのは数年後になる見通しだ。

無断転載禁止
478888 0 ニュース 2019/03/09 05:00:00 2019/03/09 05:00:00 2019/03/09 05:00:00 県が開発し「ブラックキング」と商標登録された新品種ブドウ(県提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190308-OYTNI50048-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ