寄付者木札でご招待 ふるさと納税

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

富士吉田市 観光施設入場無料に

ふるさと納税の寄付者に送られる特典付き木札
ふるさと納税の寄付者に送られる特典付き木札

 ふるさと納税の寄付者に来てもらおうと、富士吉田市は富士山の間伐材で作った特典付き木札を作った。寄付者が持参して市を訪れると、観光施設の入場料が無料になるなどのサービスを受けられる。

 針葉樹のシラベで作った木札は横3・5センチ、縦6・5センチ。富士山のイラストが描かれている。寄付の使い道の報告書に同封して、昨年度に寄付した約6万1000人に今月上旬から送付している。

 木札を提示すると、ふじさんミュージアム、富士山レーダードーム館、御師旧外川家住宅の入場料が4人まで無料になる。レストラン「ふじやまビール」でビール(300ミリ・リットル)かソフトドリンクが1杯(4人)無料になる。木札の有効期限は来年3月31日。

 市ふるさと納税推進室によると、肉や酒類などの返礼品が好評で、市への昨年度のふるさと納税額は約22億7000万円と過去最高を記録。さらに木札を使って「招待」し、担当者は「富士吉田ファンをつくり、交流人口を増やしたい」と話している。

 市はこれまでも、寄付者を招いて市内の観光名所を巡るバスツアーなどを行っている。

581266 0 ニュース 2019/05/14 05:00:00 2019/05/14 05:00:00 2019/05/14 05:00:00 ふるさと納税寄付者に配られる特典付きの木札(13日午前11時50分、富士吉田市で)=藤原聖大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190514-OYTNI50000-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ