福岡に3―0で快勝 攻撃陣が好調連敗脱出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカーJ2・ヴァンフォーレ甲府(VF)は18日、福岡市の博多の森陸上競技場でアビスパ福岡と対戦し、3―0で勝利した。VFの複数得点は7試合ぶりで、連敗を2で止めた。通算成績は6勝5分け3敗、勝ち点を23とした。

 決定力不足に苦しんでいたVFだが、この日は攻撃陣がかみ合った。

 VFは13分、FW曽根田穣からのスルーパスを、ゴール前に駆け込んだMF横谷繁がシュートし、3試合ぶりに先制。試合の主導権を握った。

 62分にはFWピーター・ウタカのミドルシュートを相手DFがブロック。このこぼれ球に、ゴール前のFWドゥドゥが素早く反応して追加点。さらに、69分にはウタカがドリブルでペナルティーエリア手前に駆け上がり、右サイドのドゥドゥにパス。ドゥドゥが右足を振り抜き、だめ押しの3点目を挙げた。

 次節は25日、甲府市の山梨中銀スタジアムで横浜FCと対戦する。

無断転載禁止
590028 0 ニュース 2019/05/19 05:00:00 2019/05/19 05:00:00 2019/05/19 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ