甲府城西帝京三破る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏の高校野球山梨大会は11日、甲府市の山日YBS球場と富士吉田市の富士北麓球場で2回戦4試合が行われた。今春の関東大会に出場した駿台甲府、山梨がコールド勝ちを収めたほか、日川が甲府昭和との延長11回に及ぶ激闘を制した。昨年準優勝の帝京三は甲府城西に競り負け、初戦で姿を消した。12日は予備日で試合はなく、13日は山日YBS球場で2回戦3試合が行われる。

橘田が完投勝利 

 甲府城西―帝京三は、甲府城西が1点を追う五回一死二塁、久保の左中間への適時二塁打で同点とした後、植松のスクイズで勝ち越しに成功。七回には川向の適時二塁打や相手投手の暴投で2点を追加し、逃げ切った。先発した橘田は、四死球1と安定感のある投球で完投した。帝京三は3点を追う八回一死一塁、大久保の適時二塁打で1点を返したが、後が続かなかった。

6回コールド

 駿台甲府―身延は、駿台甲府が一回二死一、二塁、池田の内野安打に敵失が絡み、2点を先制。続く小林、羽鳥の連打でさらに2点を加えた。その後も着実に得点を重ね、投げては羽鳥、高野の継投で相手の反撃を許さなかった。身延は六回、山田、遠藤翼の単打や死球で二死満塁としたが、好機を生かせなかった。

8回一挙6点 

 山梨―白根は、山梨が初回、敵失と武井の適時打で3点を先制。八回には3本の適時打と敵失などで6点を挙げた。投げては武井、雨宮の継投で相手打線を4安打に抑え込んだ。白根は三回、田中大、坂下の連続長打で2点を奪い、1点差まで詰め寄ったが、終盤に投手陣が崩れた。

11回サヨナラ 

 日川―甲府昭和は、日川が1点を追う九回二死一、二塁、小沢が右前適時打を放って土壇場で同点に。再び1点リードされて迎えた延長十一回、無死二塁から根岸の適時二塁打で同点に追いつくと、四死球でたまった走者を小沢が中前適時打でかえし、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。甲府昭和は四回に中沢の犠飛で先制。十一回にも1点を加え、2度リードする展開に持ち込んだが、エース渡辺が終盤力尽きた。

無断転載禁止
686452 0 ニュース 2019/07/12 05:00:00 2019/07/12 05:00:00 2019/07/12 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190711-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ