道志女児不明 母へ中傷「反省」の声も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

SNS投稿 匿名ストレスはけ口に

道の駅を訪れる人にチラシを配るとも子さん(道志村で)
道の駅を訪れる人にチラシを配るとも子さん(道志村で)

 道志村のキャンプ場で行方不明となっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)の母とも子さん(36)の画像共有サービス「インスタグラム」に、匿名で中傷するコメントが投稿されている問題で、心理学の専門家は、皆から認められたいという「承認欲求」が悪質な投稿をエスカレートさせていると指摘する。

 とも子さんのインスタグラムには、「悲劇のヒロイン気取ってんじゃねえよ」「子どもがいなくなっているのに髪切りに行ってるんですか? 信じられない」など、心ない書き込みが多くあった。

 新潟青陵大の碓井真史教授(社会心理学)は、「匿名だからと安心して、ストレス発散のはけ口にしている」と話す。ネット上では極端な言葉で投稿すると、より大きな反響があるため、承認欲求を満たしたい人がさらに悪質な投稿をする傾向があるという。「匿名であっても、実名で投稿できる内容を書き込むことが大前提だ」と語った。

 読売新聞は21日に「悪質な書き込みは刑事、民事上の責任を問われる」と報道。その後は「以前、批判する投稿をしてしまいました。振り返ってみて自分の未熟さが嫌になりました」といった書き込みもみられるようになった。また、「臆測での発言を慎んで、帰って来ることだけを考えて発信していけばいい」と中傷をいましめる投稿もあった。

小倉美咲さん(家族提供)
小倉美咲さん(家族提供)

 とも子さんは30日、「道の駅どうし」(道志村)で美咲さんの写真や身長などの特徴を載せたチラシを配り、情報提供を呼びかけた。とも子さんは「大阪で行方不明となっていた女の子も遠い栃木で見つかった。美咲もどこにいるかわからない。一日でも早く見つけたい。少しでも情報を寄せてほしい」と話していた。

無断転載禁止
926944 0 ニュース 2019/12/01 05:00:00 2019/12/03 18:38:06 2019/12/03 18:38:06 道の駅を訪れる人にチラシを配るとも子さん(道志村で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191130-OYTNI50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ