ゆるキャン△列車 ファン乗せ出発!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「ゆるキャン△」のキャラクターのパネルを撮影する乗客
「ゆるキャン△」のキャラクターのパネルを撮影する乗客

 県内各地を舞台にキャンプを楽しむ女子高生を描いたアニメ「ゆるキャン△」のキャラクターのパネルなどで装飾したJR東海の急行列車「ゆるキャン△梨っ子号」の運行が1日、身延線で行われ、乗車した大勢のファンらが写真を撮るなどして楽しんだ。

 列車は正午に甲府駅を出発。アニメのキャラクター「各務原なでしこ」が車内放送に登場し、「西富士宮駅の手前に身延線の中でも富士山がとってもきれいに見られるスポットがあるんだって~」などと車窓の眺めを紹介した。乗客は、スマートフォンで車内放送を録音したり、車内に貼られたアニメのパネルやポスターなどを撮影したりして過ごしていた。

 東京都稲城市から訪れた高校生斎藤光さん(16)は「普段とは違う電車に乗れてうれしい。『ゆるキャン△』にも興味が湧いてきた」と喜んでいた。特別列車は2、8、9日にも静岡―甲府間で1往復運行する。いずれも満席という。

無断転載禁止
1032566 0 ニュース 2020/02/02 05:00:00 2020/02/02 05:00:00 2020/02/02 05:00:00 「ゆるキャン△」のキャラクターのパネルスマホで撮影をする乗客(1日、市川三郷町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200202-OYTNI50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ