読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

20代男性髄膜炎で重症 県内感染2例目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は7日夜、県内の20歳代の会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は2例目。山梨大医学部付属病院(中央市)に入院し、意識障害があって会話が困難な状態で重症という。同病院によると、男性は髄膜炎を発症しており、新型コロナウイルスが原因の可能性が高い。

 発表によると、南アルプス市や昭和町内に生活圏がある男性は、2月27日に熱が出て、頭痛などを訴えて28日と今月2日にそれぞれ別の医療機関を受診した。この間、仕事は休んでいた。6日も出勤しなかったため家族や警察が自宅を訪れ、男性は意識が混濁した状態で発見され、山梨大医学部付属病院へ救急搬送された。7日の検査で陽性が判明した。

 男性は一人暮らしで、発症前の2週間以内に海外への渡航歴はなかった。感染経路は不明。県は職場の同僚らに濃厚接触者がいないか、確認を続けている。

 一方、7日に記者会見を行った同大の島田真路学長は「新型コロナウイルスで髄膜炎を発症した例は国内ではない。肺炎だけでなく、神経系の症状にも注意する必要があることを示す症例」と指摘した。男性は集中治療室で治療を受けている。

無断転載・複製を禁じます
1095210 0 ニュース 2020/03/09 05:00:00 2020/03/09 05:00:00 2020/03/09 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)