甲府市にマスクのお返し 中国・成都市 2万1000枚寄贈

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

樋口市長(左)からマスクを受け取る小松会長
樋口市長(左)からマスクを受け取る小松会長

 新型コロナウイルスの感染予防のため、甲府市の友好都市の中国・成都市からマスク2万1000枚が甲府市に寄贈された。市はマスクを市医師会や市立甲府病院に配布することにし、7日、樋口雄一市長が医師会の小松史俊会長に手渡した。

 市によると、中国で感染が拡大していた1月31日、市からマスク6000枚を成都市に寄贈。3月中旬に同市から工場のマスク生産体制が整い、備蓄が回復してきたのでマスクを送りたいと申し出があったという。

 贈られたのは、サージカルマスク2万枚と、高性能のN95マスク1000枚。小松会長は「現在はマスクをなかなか入手できず、配布に感謝している」と話した。医師会に渡されたマスクは市内の開業医に配られる予定という。

無断転載禁止
1153331 0 ニュース 2020/04/08 05:00:00 2020/04/08 05:00:00 2020/04/08 05:00:00 樋口市長(左)からマスクを受け取る小松会長(甲府市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200407-OYTNI50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ