読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トラック内密回避 山学大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トラックを走る山梨学院大陸上競技部の選手たち(20日、甲府市で)
トラックを走る山梨学院大陸上競技部の選手たち(20日、甲府市で)

 2年ぶりの箱根駅伝出場を目指す山梨学院大陸上競技部が20日、約1か月半ぶりにトラックでの練習を再開した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月6日から全体練習を休止。選手たちは筋力トレーニングやランニングなどの個人練習を行っていた。

 この日は甲府市の川田「未来の森」運動公園で、部員の約3分の1の約30人がトラックを利用。同市の緑が丘スポーツ公園と分かれて練習した。密集を避けるため時間差でスタートして走り込んだ。筋トレ器具は使う度に消毒し、ストレッチは間隔を空けて行った。

 関東学生陸上対校選手権(関東インカレ)の5月開催が見送られる中、飯島理彰駅伝監督は「いつ大会が開かれてもいいように準備を重ねたい。6月から全体練習ができれば」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1231434 0 ニュース 2020/05/21 05:00:00 2020/05/21 05:00:00 2020/05/21 05:00:00 間隔を空けてトラックを走る山梨学院大陸上競技部の選手ら(20日、甲府市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200520-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)