再開後初戦27日新潟と

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中断していたサッカーJ2リーグ再開後の日程が発表され、ヴァンフォーレ甲府(VF)は27日、無観客でアルビレックス新潟とのホーム開幕戦に臨むことが決まった。

 VFは今季、2月23日にFC町田ゼルビアとの開幕戦を引き分け、その後、リーグが中断していた。約4か月ぶりに再開され、年内に41試合を行う過密日程となる。9月と11月は8試合を予定し、中2、3日で試合が続く。

 Jリーグの指針に基づき、7月4日の第3節・松本山雅FC戦(アウェー)までは無観客試合となる予定。同11日の第4節・ツエーゲン金沢戦(ホーム)以降は徐々に観客を入れる。サポーターは応援歌を歌えず、肩を組んだりタオルを回したりすることも禁止となる。

 15日は、VFの伊藤彰監督らが長崎知事を表敬訪問した。伊藤監督は「新型コロナ対策を万全にして県民と一緒に昇格をつかみ取りたい」と抱負を語った。長崎知事は「日程も大変だが、選手の皆さんは体調に気をつけて頑張ってほしい」と激励した。

 訪問後、新井涼平主将は「サッカーが見られずもやもやしていたサポーターの気持ちを熱いプレーで吹き飛ばしたい」と決意を述べた。

 スタジアムの清掃活動を行う有志団体「フクコセ」の須田康裕代表(39)は「画面越しでも試合が見られるのはうれしい。心が熱くなるようなプレーを見せてほしい」と期待。サポーターで山梨学院大3年の佐藤日也さん(21)は「やっと日々の楽しみが戻ってくる」と喜んだ。

 第2節・新潟戦は山梨中銀スタジアム(甲府市)で午後6時キックオフ。

無断転載・複製を禁じます
1279148 0 ニュース 2020/06/16 05:00:00 2020/06/16 05:00:00 2020/06/16 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200615-OYTNI50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ