接触通知あれば全員検査も 県、国のアプリで独自体制

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は8日、新型コロナウイルスの感染者と接触したことを知らせる国のスマートフォン用アプリについて、通知を受けた全員が症状の有無にかかわらず、PCR検査を受けられるようにすると発表した。

 アプリは、利用者同士が1メートル以内の範囲に15分以上いると、スマホが自動で記録。自身が感染したと判明した時に登録すれば、相手に自動で通知が届く。先月から運用が始まっている。

 厚生労働省が示している対応では、通知を受けた人に症状がある場合や身近に感染が疑われる人がいる場合に状況を入力すると、保健所への相談を促される。

 県は独自に踏み込んだ対応をとる。症状がない人でも保健所へ「通知を受けた」と連絡すれば、誰でもPCR検査を受けられるようにする。基準を緩和することで早期発見、治療につなげる狙いで、長崎知事は「アプリは感染拡大防止に有効。利用促進策の一環でもある」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1329695 0 ニュース 2020/07/09 05:00:00 2020/07/09 05:00:00 2020/07/09 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ