読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

幻の「赤池」雨で形成か 県富士山科学研究所 「地下水脈」定説覆す可能性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

長雨の影響で9年ぶりに出現した赤池(昨年7月、富士河口湖町で)
長雨の影響で9年ぶりに出現した赤池(昨年7月、富士河口湖町で)

 富士河口湖町の精進湖付近に大雨が降ると現れる幻の池「赤池」について、県富士山科学研究所は6日、「主に直近に降った雨で形成されている」との調査結果を発表した。赤池は精進湖と地下水脈でつながっているとされてきたが、定説が覆される可能性がある。

 赤池が現れるのは精進湖の東側約1キロの谷あいで、普段はくぼんだ草地。大雨が降ると長円形の池ができる。同研究所によると、過去40年間で出現が報告されたのは7回のみという。

 同研究所と山梨大、立正大(東京都)のチームは昨年7月、9年ぶりに出現した赤池の水を採取し、水分子の重さなどを分析。同時期に採取した精進湖の湖水とは特徴が異なることや、水が降雨に由来することを突き止めた。雨水はいったん付近の地下に浸透した後、2~3日でくぼんだ草地に集まるとみられるという。

 同研究所の山本真也研究員は「富士山の不思議の一つを科学的に解明することができた。今後もデータの収集を続けていきたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2345763 0 ニュース 2021/09/07 05:00:00 2021/09/07 05:00:00 2021/09/07 05:00:00 長雨の影響で9年ぶりに出現した赤池(昨年7月、富士河口湖町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210906-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)