文字サイズ
    まとめ読み「NEWS通」

    藤井聡太七段・止まらぬ快進撃

     将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太六段が18日、史上最年少となる15歳9か月での七段昇段を決めました。これまで加藤一二三(ひふみ)九段が持っていた七段昇段の最年少記録(17歳3か月)を61年ぶりに更新する異例のスピード出世に、「すぐにでもタイトルが狙える」との期待が高まっています。その活躍をまとめました(肩書や年齢などは当時)

    • 船江恒平六段(右)と対局を振り返る藤井聡太・新七段(5月18日撮影)
      船江恒平六段(右)と対局を振り返る藤井聡太・新七段(5月18日撮影)

    最年少、15歳9か月で「七段」~61年ぶり更新(2018年5月19日)

    • 船江恒平六段に勝利し、笑顔を見せる藤井聡太・新七段(5月18日撮影)
      船江恒平六段に勝利し、笑顔を見せる藤井聡太・新七段(5月18日撮影)

     将棋の藤井聡太六段(15)は18日、大阪市の関西将棋会館で行われた第31期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)のランキング戦5組準決勝で船江恒平六段(31)を72手で破り、史上最年少・15歳9か月での七段昇段を決めた。これまで加藤一二三九段(78)が持っていた七段昇段の最年少記録(17歳3か月)を61年ぶりに更新した。

     約70人の報道陣が見守った対局は、互いの角を交換する「角換わり」の戦型になり、先手後手とも玉の位置を動かさない「居玉」のままでの力戦になった。船江六段の攻めを巧みに受けきった藤井六段は、終盤、的確に寄せきった。

     この勝利で竜王戦ランキング戦での2期連続昇級を確定させた藤井六段は、日本将棋連盟の規定により七段に昇段した。6月5日、関西将棋会館で行われる5組決勝で石田直裕五段(29)と竜王戦本戦出場をかけて対局する藤井・新七段は「ここまで早いペースで昇段できるとは思っていなかった。今は喜びにひたるより、5組決勝に向けて気を引き締めたい」と話した。

    異例の「スピード出世」

     将棋の藤井聡太・新七段(15)が、また新たな記録を打ち立てた。15歳9か月、プロ入りから、わずか1年7か月での七段昇段。羽生善治竜王(47)や加藤一二三九段(78)ら、名棋士たちの記録を次々に破っていくその実力に、「すぐにでもタイトルが狙える」との期待が高まっている。

     「目の前の一局一局に全力で打ち込んできたのが昇段という形で表れたことをうれしく思う」

     対局を終えて、藤井・新七段はこの日の将棋を振り返った。第31期竜王戦のランキング戦5組準決勝。相手の船江恒平六段(31)とは初対戦だった。同じ関西所属で、過去、藤井・新七段が3連敗と苦手にしていた井上慶太九段(54)一門の気鋭だ。角を交換した後、飛車先に銀を進めていく「棒銀」の作戦を用意していたが惜しくも敗れ、「藤井さんは読みが深かった。途中から差がついてしまったのは残念でした」と感想を話した。

     2018年1月末時点で四段だった藤井・新七段。それから約3か月半で七段にまで駆け上がった。過去の「中学生棋士」たちの記録を調べても、加藤九段の17歳3か月がこれまでの七段昇段の最年少記録。昇段規定が現在と異なるため一概には比べられないが、羽生竜王でも七段昇段は20歳0か月だった。

     異例の「スピード出世」に棋士たちも驚きを隠さない。羽生竜王は「昇段のスピードに驚愕(きょうがく)させられています。将棋の内容も積極的な動きが特徴で、磨きがかかっていると思います」とコメント。この日、関西将棋会館を訪れた日本将棋連盟常務理事の脇謙二八段(57)は「船江さんの作戦は藤井さんにとっては初見だったろうが、よく考えて的確に対応した。悪い局面が一つもなかった。勝ち急がず、堅実な手を積み重ねて勝つのが強さだと思う。一戦一戦すごみを増している。どこまで強くなるのだろう」と感嘆していた。

     藤井・新七段の師匠、杉本昌隆七段(49)も「弟子に自分と同じ段位に追いつかれることは、師匠として大きな喜び」との談話を発表した。6月5日には、羽生竜王への挑戦権を11人で争う本戦進出をかけて、5組決勝に臨む。「非常に大切な一局になるので、良いパフォーマンスが出せるようにしたい」。藤井・新七段は抱負を話している。

     加藤一二三九段の話「15歳にして早くも高段者の域に達したことは見事。これからも、その類いまれなる才能と豊かな探究心、絶えざる情熱をもって、いまだ誰もみたことのない景色を我々にみせてくれることを楽しみにしております」

     

    藤井六段、将棋大賞で4部門独占(2018年3月14日)

    • 快進撃を続ける藤井聡太六段(右)。杉本昌隆七段(左)との「師弟対決」で勝利したことも話題になった(3月8日撮影)
      快進撃を続ける藤井聡太六段(右)。杉本昌隆七段(左)との「師弟対決」で勝利したことも話題になった(3月8日撮影)

     日本将棋連盟は13日、藤井聡太六段(15)による2018年の将棋大賞の記録4部門(最多対局、最多勝、勝率1位、最多連勝)独占が確定した、と発表した。独占は、過去4回達成した羽生善治竜王(47)以来2人目で史上最年少。実質デビュー年度では初めて。

     1974年制定の将棋大賞は、受賞年の前年度の優秀棋士を表彰する。藤井六段の2017年度の成績は13日現在、70対局59勝11敗、勝率8割4分3厘で連勝は29。藤井六段のデビューは16年12月だが、将棋界の慣例として1年間フル活動した17年度を実質デビュー年度として扱う。藤井六段は「一局一局の積み重ねがこのような結果として表れたことをうれしく思います」とのコメントを発表した。

    記憶も記録も「藤井の年」

     中学生棋士の藤井聡太六段(15)が、また新たな歴史を作った。将棋大賞記録4部門独占は羽生善治竜王(47)以来の快挙。さらなる記録更新の期待も高まる。

     2017年度の藤井六段の成績は13日現在で、70対局59勝11敗。勝率は8割4分3厘で、連勝は29。対局、勝利と連勝ではすでに後続に大差を付けており、12日に大橋貴洸(たかひろ)四段(25)が敗れたため、年度末まで藤井六段が連敗しても勝率で上回る棋士がいなくなった。

     将棋大賞制定(1974年)後の記録4部門独占は、羽生竜王(89年、90年、93年、2001年)だけ。それ以前も1969年度の内藤国雄九段(78)だけだ。実質デビュー3年度目、18歳で4部門を独占した羽生竜王は89年、最優秀棋士賞を受賞。さらに同年、初タイトル・竜王を獲得、「永世七冠」へのスタートとした。

     「4部門1位は1年間安定した活躍を維持しないと到達出来ない。デビューから29連勝の大記録が大きな原動力になった印象です」とのコメントを発表した羽生竜王は「近い将来、(藤井六段の)タイトル戦登場は間違いない」と常々話している。今後、期待されるのは、屋敷伸之九段(46)の持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6か月)の更新だ。

     現在、藤井六段がタイトル戦登場に近づいているのは、王座戦と竜王戦。特に竜王戦5組で2連勝すれば、早ければ4月下旬にも、規定により七段に昇段する。藤井六段は「数字や昇段などの記録を意識したことはないです。今は強くなって、タイトル戦に出られる実力をつけたい」と1日、本紙の取材に対して話した。

    棋戦最年少V・中学生初の六段に~準決勝で羽生竜王破る(2018年2月18日)

    • 朝日杯将棋オープン戦の準決勝で羽生善治竜王(左)に勝利し、対局を振り返る藤井聡太五段(2月17日撮影)
      朝日杯将棋オープン戦の準決勝で羽生善治竜王(左)に勝利し、対局を振り返る藤井聡太五段(2月17日撮影)

     将棋の中学生棋士・藤井聡太五段(15)は17日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われた朝日杯将棋オープン戦の決勝で広瀬章人八段(31)に勝ち、加藤一二三九段の持つ公式戦最年少優勝記録(15歳10か月)を15歳6か月に更新した。

     この優勝で藤井五段は17日付で中学生として初めて六段に昇段した。藤井・新六段は1日に四段から五段に昇段したばかり。中学生での公式戦優勝も史上初で、藤井・新六段は「終わったばかりで実感はわきませんが、全棋士参加棋戦で優勝という結果を残せて自信になりました」と話した。

     朝日杯は持ち時間40分の早指し棋戦。八大タイトルには含まれない「一般棋戦」にあたる。この日、準決勝で将棋界の第一人者・羽生善治竜王(47)との公式戦初対局を制し、決勝ではタイトル獲得実績のある広瀬八段を破った。

    「望外の結果です」

     朝日杯将棋オープン戦で17日に優勝した藤井聡太・新六段(15)。公式戦最年少優勝記録を15歳6か月に更新しただけでなく、羽生善治竜王(47)ら実力者を次々と破る姿は、棋界に衝撃を与えた。

     決勝戦で広瀬章人八段(31)が投了した瞬間、藤井・新六段は盤面に付きそうな勢いで深く一礼し、「望外の結果です」と笑顔を見せた。広瀬八段戦は序盤、角を交換する戦型となったが、藤井・新六段が終盤、持ち駒の桂馬を使った絶妙手を放った。広瀬八段が「(自分の)読みにない素晴らしい一手」と感嘆するほどで、そのままリードを広げ快勝した。

     羽生竜王との公式戦初対局となった準決勝でも、藤井・新六段は、国民栄誉賞を受けた第一人者を相手に隙を見せなかった。羽生竜王は雁木(がんぎ)と呼ばれる、古くは江戸時代から見られた構えを現代風にアレンジした作戦を採用したが、藤井・新六段は、銀を攻めの軸に据えて対抗。羽生竜王は「藤井さんは秒読みになっても落ち着いていた」と舌を巻いた。

     急成長ぶりは、実は若き日の羽生竜王をほうふつとさせる。1988年度の第38回NHK杯将棋トーナメントで、当時五段だった羽生竜王は、大山康晴十五世名人、加藤一二三九段、谷川浩司九段、中原誠十六世名人と名人経験者4人を倒して優勝した。後の「永世七冠」の才能を分かりやすい形で見せつけたのが、NHK杯の名人連破だった。

     88年度の羽生竜王は実質デビュー3年目で、対局数、勝利数、勝率、連勝の記録4部門のトップを独占。89年度には初タイトルの竜王を獲得した。

     現在、藤井・新六段は実質デビュー1年目。当時の羽生竜王と同様に、記録4部門でトップを走っている。

     谷川九段は「予想を上回るスピードで強くなっている。20代、30代の棋士に対して『君たち、悔しくないのか』と言いたい気持ちもあります」とコメント。

     観戦した飯島栄治七段も「羽生竜王や佐藤天彦名人にも、格上のような勝ち方をしていて、強さは本物」と太鼓判を押す。タイトル獲得の最年少記録は屋敷伸之九段の18歳6か月。飯島七段は「今年のうちにタイトル挑戦者になっても不思議ではない」と話す。

    藤井「五段」に(2018年2月2日)

    • 五段時代の貴重な「飛翔」の揮毫。五段在籍は16日間だけだ(2月14日撮影)
      五段時代の貴重な「飛翔」の揮毫。五段在籍は16日間だけだ(2月14日撮影)

     将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)は1日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた順位戦C級2組の対局で梶浦宏孝四段(22)に勝ち、9戦全勝と星を伸ばしてC級1組への昇級を決め、五段に昇段した。藤井新五段は史上初めて中学生で昇段した棋士となった。

     藤井四段はこの日、15歳6か月で昇段した。日本将棋連盟によると、五段昇段の最年少記録は加藤一二三九段(78)が1955年に達成した15歳3か月だが、五段昇段時には中学校を卒業していた。

     昨年、藤井四段は歴代1位の29連勝を達成し、現在は対局数、勝数、勝率、連勝という2017年度の記録4部門で首位に立っている。各棋戦で活躍を続け、17年度の成績は1日の対局を終えた時点で51勝11敗。17日の朝日杯準決勝では羽生善治竜王(47)との公式戦初対局が決まっている。

     対局を終えた藤井新五段は「順位戦の昇級を目標にしていたので、五段昇段を果たせたのは良かったです」と話した。

    師匠「もう驚かない」

     将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が1日に東京で行われた順位戦の対局に勝ち、史上初となる中学在学中の五段昇段を果たしたことを受け、師匠の杉本昌隆七段(49)(名古屋市)ら地元愛知県の関係者から祝福の声が上がった。

     昇段が決まった直後に「おめでとう」とメールを送った杉本七段は「29連勝の時と同様に期待通りの結果を出し続けており、もう驚かなくなった」と感心。「大きな局面では勝ち急いだり、必要以上に守りに入ったりすることがある。そんな気持ちを感じさせず、攻めの姿勢で指したのがよかった」とたたえた。同県瀬戸市の将棋教室で幼い頃の藤井五段を指導した文本力雄さん(63)は「誰も成し遂げていない偉業をまた達成し、今後の成長が楽しみだ。さらに一歩、名人に近づいたと思う」と喜んだ。

     昨年3月に同市内で開催した「新四段を祝う会」の発起人の一人で、瀬戸信用金庫の水野和郎理事長(68)は「瀬戸市に咲いた花を市民と協力して大輪に育て、早くタイトルを獲得できるよう応援したい」と期待。伊藤保徳市長は「常に注目をあびる重圧の中で実績を重ねていく姿は市民の誇りで、大きな勇気をもらっている」とコメントした。

    四段時代の活躍はこちら

    2018年05月21日 14時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP