文字サイズ
    まとめ読み「NEWS通」

    大阪北部で震度6弱の地震

     18日午前7時58分頃、大阪府北部を震源とする大きな地震がありました。大阪府北部で震度6弱、京都府南部で震度5強、滋賀県南部、兵庫県南東部、奈良県で震度5弱を観測、大阪府内で5人の死亡が確認されました。各地で停電が発生したほか、山陽新幹線や東海道新幹線が不通になるなど影響が出ました。政府は首相官邸に対策室を設置しました。地震の影響を随時更新し、お伝えします。


    ニュース

    大量の本に埋もれ、66歳男性死亡…5人目死者

     18日朝に発生した大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震で、同府高槻市は19日、同市北昭和台町、楠本法寛さん(66)が死亡したと発表した。今回の地震の死者は5人となった。

     府警高槻署によると、楠本さんは、父親(92)と妹(61)の3人暮らし。木造2階建て住宅の離れに住んでおり、姿が見えないことを心配した妹が19日午前に離れに入ったところ、大量の本や服などに埋もれていた楠本さんを発見したという。

    京都府南部と大阪府北部で震度4観測…M4.0

     19日午前0時31分頃、大阪府北部を震源とする地震があり、京都府南部と大阪府北部で震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、マグニチュードは4.0と推定される。この地震による津波の心配はないという。

    地震から6時間、東海道・山陽新幹線が全線再開

     JR東海によると、18日午前7時59分頃、東海道新幹線は大阪府北部を震源とする地震を感知したため、東京駅-小田原駅間と名古屋駅-新大阪駅間の上下線で緊急停止したが、同日午後0時50分までに全線で運転を再開した。

     一方、JR西日本によると、山陽新幹線(新大阪-博多間)は新大阪駅-岡山駅間で運転を見合わせていたが、同2時過ぎに運転を再開した。

    9歳女児を含む4人が死亡、壁が倒壊

     大阪府警などによると、強い揺れで高槻市立寿栄(じゅえい)小のブロック塀が崩れ、通学途中の同小4年三宅璃奈(りな)さん(9)が下敷きになって死亡。大阪市東淀川区の安井實さん(80)、同府茨木市の後藤孟史(もとちか)さん(85)、高槻市の80歳代の女性が塀や家具の下敷きになって死亡した。

     読売新聞のまとめでは、18日午後7時現在、負傷者は大阪、兵庫、京都、滋賀、三重、奈良の各府県で計381人。総務省消防庁によると、大阪市と高槻市、兵庫県尼崎市で計7件の火災が発生した。大阪府内各地では避難所が開設され、午後3時30分現在、計10市町の1136人が避難している。大阪府は府内12市1町に災害救助法の適用を決めた。

    今後の地震活動に注意呼びかけ~気象庁が会見

     大阪府北部などで震度6弱を観測した地震で、気象庁は18日午前10時頃、記者会見で情報を伝えた。担当者は「揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている。今後の地震活動の情報に注意し、やむをえない事情がなければ危険な場所に立ち入らないように」と呼び掛けた。津波の心配はないという。「揺れの大きかった地域では、発生から1週間程度、6弱程度の地震に注意を。特に今後2~3日程度、同じ程度の地震が発生する可能性がある」とも述べた。

     地震の発生時刻は7時58分頃。マグニチュードは「6.1」と発表した。速報値の5.9から変更された。震源の深さは「13キロ」とされた。地震情報では約10キロだったが、修正された。

     震度は「大阪府北部の震央で6弱を観測した。周りに震度5~4の地域があり、さらに広い範囲で3~1を観測した」とした。大阪府北部などでは「長周期地震動」があったため「高層階では物につかまらないと歩くのが難しかった」などとした。地震発生のメカニズムについては「震源周辺の断層に東西方向から押すような圧力がかかった」と述べた。今後、詳しい分析を進めるとしている。

    新幹線、新大阪-岡山駅間で運転見合わせ

     JR東海によると、18日午前7時59分頃、東海道新幹線は大阪府北部を震源とする地震を感知したため、東京駅~小田原駅間と名古屋駅~新大阪駅間の上下線で緊急停止したが、安全確認できたため、同8時30分に東京駅~小田原駅間、同8時40分に名古屋駅~米原駅間で運転を再開した。

     また、大阪府北部を震源とする地震の影響で、JR西日本によると、午前9時現在で、山陽新幹線(新大阪―博多間)は新大阪―岡山で運転を見合わせている。

     在来線も広範囲で運休が相次いでいるという。大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)や近鉄も全線で運転を取りやめている。

    エレベーター閉じ込め9件、水道24万口支障か

     大阪市によると、午前8時45分現在、エレベーターでの閉じこめが9件発生。水道24万口に支障が出ているといい、西淀川区で火災が3件発生したとの情報もある。

    安倍首相「被災者の救助、救命に全力」

     大阪府北部を震源とする地震発生を受け、安倍首相は18日午前8時55分頃、首相官邸の危機管理センターに到着した。到着の際、記者団を前に、被災者の救助・救命に全力をあげることなど3点を政府に指示したことを明らかにした。

     首相のコメントは以下の通り。「人命を第一に、政府一丸となって対応している。まずは早急に被害状況を把握する。そして、被災者の救助・救命に全力をあげること。政府から適時適切に正確な情報を国民の皆様にお伝えすること。この3点を指示した。現在、被害状況は把握中だが、自治体と連携しながら、万全を期していく考えだ。このあと、危機管理センターに入る」

    【ライフライン情報】

    (混雑のためつながりにくい先があります)

    気象庁地震情報

    YOL交通情報(近畿)

    ヨミドクター 救急・病気に役立つ情報

    【道路】

    NEXCO西日本の高速道路・交通情報 渋滞

    【列車】

    JR西日本列車運行情報

    南海電鉄

    阪急電鉄

    大阪メトロ

    【電気・ガス】

    大阪ガス

    関西電力停電情報

    【空港】

    大阪国際空港(伊丹空港)

    関西国際空港

    神戸空港

    ◇ヨミウリ・オンライン写真特集

    【過去の地震関連 まとめ読み】

    【熊本地震】熊本地震・災害時の通信、ネット情報源まとめ

    【熊本地震】避難生活のヒント集

    全都道府県で揺れ…M8・5小笠原沖地震

    2018年06月19日 19時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集