家屋片付け、感染症注意…マスク・手袋・換気を

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西日本豪雨の被災地では、浸水した家屋に戻って後片付けをする人も出ている。しかし、流れ込んだ土砂や泥水のため衛生状態は極めて悪くなっており、各自治体は十分な感染症対策を取るよう呼びかけている。

 日本環境感染学会は、水害後の後片付け時の注意点として、

▽マスク、ゴム手袋、長靴、ゴーグルの着用

▽屋内にカビが発生している可能性があり、ドアや窓を開けて30分以上換気してから作業する

▽床や壁などは水とせっけんで洗い流す

▽浸水した衣類などは80度の熱水に10分以上つけた後に洗濯

――などを挙げる。

 清掃した屋内は扇風機などで乾燥させた後、床や家具、食器などを家庭用漂白剤などで消毒することも求めている。

 この時期は、食中毒にも注意が必要だ。水につかったり、停電した冷蔵庫に入っていたりした食品は廃棄する。

 広島市の担当者は「市民からは『早く片付けをしたい』との声が寄せられている。十分に注意して作業にあたってほしい」と話した。

 食中毒の予防では、せっけんを使った手洗いが基本だが、断水中で水がない時は、おしぼりなどで汚れを落とし、アルコールで消毒する。

 また、今回の豪雨では、多くの車が浸水・冠水する被害にあった。水がひいた後、そのままエンジンをかけるとショートを起こして火災が発生する恐れがあり、国土交通省は「自分でエンジンをかけず、販売店か最寄りの整備工場に相談してほしい」と促している。

31893 0 まとめ読み 2018/07/10 00:00:00 2018/07/10 00:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ