活発化した前線がもたらした豪雨は、岡山県内に深い爪痕を残した。県内初の大雨特別警報の発表から一夜明けた7日、時間がたつにつれて、深刻な被害が次々と判明。

大雨に爆風、降り注ぐ赤い物体「地獄のよう」…岡山(7月8日)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

広範囲で水につかった家屋(7日午前8時49分、倉敷市真備町川辺で)
広範囲で水につかった家屋(7日午前8時49分、倉敷市真備町川辺で)

 活発化した前線がもたらした豪雨は、岡山県内に深い爪痕を残した。県内初の大雨特別警報の発表から一夜明けた7日、時間がたつにつれて、深刻な被害が次々と判明。総社市では工場が爆発したほか、倉敷市など各地で冠水による孤立が相次ぎ、岡山市などでも多くの住民が避難所に身を寄せた。特別警報は午後に解除されたが、気象庁は「これまでの雨で地盤が緩んでおり、引き続き警戒が必要」としている。

 

◆「これまでに経験ない」

 

瓦や窓が爆風で壊れ、大雨で浸水した家屋(7日午後1時18分、総社市下原で)
瓦や窓が爆風で壊れ、大雨で浸水した家屋(7日午後1時18分、総社市下原で)

 6日深夜に爆発が起きた総社市下原の金属加工会社の工場周辺では、爆風で民家の瓦が飛ばされたり、ガラスが割れたりするなどの被害が出た。

 近くに住む女性(63)は自宅で「ドン」という爆発音を聞いた直後、燃えたアルミ片とみられる赤い物体が降ってきたため、思わずテーブルの下に身を隠したという。屋根に穴が開いており、「何が起こったかもわからず、とにかく地獄のようだった。ここで死ぬのかと思った」と声を震わせた。

 工場から北約2キロの市立神在小学校では、入り口のドアの窓ガラス1枚にひびが入った。当時、大雨で富原地区の約120人が避難しており、富原自治会長の下山茂さん(71)は「大雨と爆発という、これまでに経験のないことが起きた」と不安そうに話していた。

◆雨量観測史上最大

 岡山地方気象台によると、降り始めの5日午前2時から7日午後2時までの総雨量は、鏡野町富西谷で453ミリ、新見市足見堂の下で423ミリ、真庭市中島で415.5ミリなどを記録。午後3時半までの24時間雨量は、鏡野町富西谷で287.5ミリを観測するなど、県内25観測所のうち9か所で観測史上最大となった。

無断転載禁止
31820 0 まとめ読み 2018/07/08 00:00:00 2018/07/08 00:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180712-OYT8I50013-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ