エコノミークラス症候群、原因と症状と対策

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西日本豪雨では、多くの被災者が避難所での生活や車中泊を余儀なくされている。注意したいのが、「エコノミークラス症候群」。足の静脈にできた血栓(血の塊)が移動して肺で詰まる病気で、命に関わるケースもある。水分を十分に摂取し、足をマッサージするなどの対策が必要だ。

 

■なぜ起きる?

 足の筋肉は、心臓に次ぐ「第二のポンプ」と言われる。足を動かしている時は、筋肉が伸び縮みすることで血管に圧力が加わり、心臓へと戻る血の流れを後押ししている。

 車中泊をすると、足を下ろしたままの姿勢が長く続き、ポンプの働きが弱まる。その結果、血液が下半身にたまり、太ももからふくらはぎの血管に血栓ができやすくなる。

 血栓が血流に乗って移動し、心臓から肺に入る肺動脈に詰まることで、体に重篤な影響をもたらす。

■症状は?

 太もも付近にできる血栓は、足の血管を詰まらせることがある。この場合、足に腫れや痛みが出る。症状は、片足のみに出る場合が多い。

 ふくらはぎ付近にできる血栓は、血管を詰まらせず浮遊している場合がある。この状態では足の症状はほとんどないが、血栓が肺の血管に移動して詰まると、突然、呼吸困難による息切れ、胸の痛み、冷や汗などの症状が出て、意識を失うことや死亡することがある。

 激しい胸の痛みや呼吸困難などは、たとえ他の病気であっても命に関わる場合が多く、迷わず救急車を呼ぼう。

■どう治す?

 エコノミークラス症候群の疑いのある患者には肺や足のコンピューター断層撮影法(CT)検査、心臓の超音波検査、血液検査を行い、詰まっている血管の場所や血栓の大きさ、症状の重さを判断する。

 軽症の場合、血液を固まりにくくする薬を使うのが基本だ。注射と飲み薬があり、併用する場合もある。

 命に関わるような重い症状の場合には、血栓を溶かす注射を使ったり、外科手術で直接血栓を取り除いたりする。血栓の状態や、患者の年齢、体力、他の病気の有無などで最適なものを選ぶ。

■予防するには?

 血栓ができにくい状態を保つため、水分を十分に摂取することが大切だ。ただ、利尿作用のあるお茶やアルコール類は脱水症状を招く恐れがあり、逆効果となる。

 災害時の避難所では、トイレに行く回数を減らすため、水分の摂取を控える人がいるが、これも発症の危険性を高める恐れがある。避難所の管理者は、トイレを常に清潔な状態に保つことが求められる。

 一般的に、狭い場所で足を動かさない姿勢を6時間以上保つと、血栓ができやすくなるとされている。足首を回したり、ふくらはぎをもんだりする運動を、1~2時間おきに行い、血流を改善するとよい。血流を促進する弾性ストッキングの着用も効果がある。(松田俊輔)

無断転載禁止
35698 0 まとめ読み 2018/08/04 17:49:00 2018/08/04 17:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180806-OYT8I50057-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ