<速報> 寝屋川中1殺害、山田浩二被告に死刑求刑
    文字サイズ
    明日へ

    宇宙開発で平和に貢献…宇宙飛行士 山崎直子さん 44

    • やまざき・なおこ 内閣府宇宙政策委員会委員。2010年4月、米スペースシャトルで宇宙飛行。著書に「宇宙飛行士になる勉強法」など。
      やまざき・なおこ 内閣府宇宙政策委員会委員。2010年4月、米スペースシャトルで宇宙飛行。著書に「宇宙飛行士になる勉強法」など。

     私の父は、特攻隊が出撃した鹿児島県知覧の近くで育ちました。防衛大学校に進み、陸上自衛隊第一空挺くうてい団の落下傘部隊に所属しました。母は東京大空襲で父親と妹を亡くしました。両親とも戦争について思うことはあるのでしょうが、あまり口にしません。だから、戦争をほとんど意識せずに過ごしてきました。

     米国で宇宙飛行の訓練をしていた時、それが変わりました。きっかけは各地で見た航空ショー。真珠湾攻撃を模したものが必ずと言っていいほど入っていました。日の丸機が飛んできて、派手な爆煙が広がる。「パールハーバー」とアナウンスも流れる。日本を非難しているのではない。でも戦争は完全に終わっていない。今もその流れの中にいるのだと肌身で感じました。

     軍事にも使える宇宙開発ですが、技術者の一人として平和利用を進めたい。ウクライナ問題で米露は緊張しましたが、両国の宇宙での協力は続いています。政治以外のパイプがあれば対話は途切れないのです。

     

    (聞き手・知野恵子)

    2015年08月12日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP