[からだの質問箱]80歳 肺の影大きく

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 6年前から肺に影があると指摘されています。元気に過ごしていますが、今年1月、腫瘍マーカーの値が少し高く出て、影も大きくなっていると言われました。年齢を考えると、がんだった場合、手術すべきかどうか迷っています。(80歳女性)

がん10ミリ超 手術が一般的

 ◇笠原寿郎 金沢大学病院呼吸器内科臨床教授(金沢市)

 一般的には、画像の検査で影が大きくなっていて、他の臓器に異常がないなら、転移ではなく、肺でできた原発性のがんの可能性があり、さらに細胞や組織を取って調べる詳しい検査をします。

 もし、腫瘍が小さいなら、検査と治療を兼ね、腫瘍を全部取ってしまうこともできます。

 肺がんだった場合、主な治療法は、手術、放射線、薬物療法の三つです。がんのタイプや進行度、体の状態などで決めます。進行していたり、全身状態が悪かったりすれば手術は難しくなります。

 がんのタイプで多少異なりますが、一般的には、画像から、がんの直径が10ミリを超えていれば手術を勧め、10ミリ以下なら経過をみます。

 最近は、背中やわきに小さな穴を数か所開けて、器具を入れる胸腔きょうくう鏡手術もあります。糖尿病や別の肺疾患など大きな合併症がなければ、80歳でも十分、受けることができます。

 合併症があっても、切除する範囲を小さくするなどの工夫で手術も可能になります。体が手術に耐えられるかどうか、さまざまな検査があります。

 手術をするかどうか、十分な検査を受けて決めることが重要です。まずは、担当の医師に、今後、どんな検査をすればよいかなどをよく相談してください。

無断転載禁止
586430 0 医療・健康 2019/05/17 05:00:00 2019/10/17 18:01:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ