[からだの質問箱]片方の目の前が暗くなる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中学3年生の息子が、片方の目の前が暗くなる症状に悩まされています。頻度は10日に1回くらい、10分ほどで自然に治まります。脳神経外科や眼科の検査で異常はなく、ストレスが原因と言われました。どうすればよいのでしょうか。 (46歳女性)

片頭痛の一種の疑いも…清沢 源弘 清沢眼科医院院長 (東京都江東区)

 症状を聞くと、脳ではなく、眼球から視神経までの病変が考えられます。片方の目の視力が一時的に下がったり、視野が欠損したりする「網膜片頭痛」が最も疑われます。

 脳血管の収縮や拡張により、機能が一時的に低下する片頭痛の一種です。目の異変は次第に強くなり、1時間程度で解消します。その後、同じ側の頭痛が75%程度あります。

 典型的な症状として最も多いのは、片方の目の視力が完全に喪失することです。視界が暗くなったり、視力が増減したりすることもあります。症状が似ている脳卒中や腫瘍、網膜剥離はくりなどではないことを確かめることが重要です。

 網膜片頭痛はストレスや高血圧、喫煙などで誘発される傾向があります。パソコン画面の長時間の凝視や、照明が強い場所での作業などが引き金になることもあります。明確な理由は不明ですが、若い女性の発症リスクが高いとされています。このほか、ご本人や家族に片頭痛の病歴がある場合も注意が必要です。

 日常生活に支障をきたす場合には、片頭痛の治療薬を使います。眼科の専門医に相談してください。

     ◇

 「からだの質問箱」へのご質問は、住所、名前(紙上は匿名)、年齢、電話番号を明記の上、〒100・8055 読売新聞東京本社医療部へ。ファクスは03・3217・1960、電子メールはiryou@yomiuri.com

 なお、回答は紙上に限ります。また、質問のすべてにはお答えできません。

無断転載禁止
899254 0 医療・健康 2019/11/15 05:00:00 2019/11/15 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ