読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サルから感染する「Bウイルス病」、2例目確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島市は24日、医薬品研究開発会社「新日本科学」(本社・東京)の同市内の動物実験施設で勤務していた元社員1人が、サルとの直接接触で感染する「Bウイルス病」を発症したと発表した。同社では11月に社員1人が感染していたことが判明。国内で初めて人への感染が確認されており、厚生労働省によると、今回は2例目となる。

 同市によると、元社員はサルの実験を担当していた2014年、風邪のような症状で医療機関を受診したが、原因は特定されなかった。1人目の感染が明らかになったことを受け、この医療機関が過去の事例を調査。当時採取した検体を国立感染症研究所(東京)が検査し、感染が分かった。元社員は現在、治療を受けているという。

 Bウイルス病は、サルにかまれるなどして感染し、発熱やしびれなどの症状が出る。1例目の社員と同時期に同じ部署で働いたことはなく、サルの体液に触れて感染した可能性があるという。市保健予防課は「人から人へ感染する可能性はほぼないので安心してほしい」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
970101 0 医療・健康 2019/12/24 21:27:00 2019/12/24 21:27:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)