サルから感染する「Bウイルス病」、2例目確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島市は24日、医薬品研究開発会社「新日本科学」(本社・東京)の同市内の動物実験施設で勤務していた元社員1人が、サルとの直接接触で感染する「Bウイルス病」を発症したと発表した。同社では11月に社員1人が感染していたことが判明。国内で初めて人への感染が確認されており、厚生労働省によると、今回は2例目となる。

 同市によると、元社員はサルの実験を担当していた2014年、風邪のような症状で医療機関を受診したが、原因は特定されなかった。1人目の感染が明らかになったことを受け、この医療機関が過去の事例を調査。当時採取した検体を国立感染症研究所(東京)が検査し、感染が分かった。元社員は現在、治療を受けているという。

 Bウイルス病は、サルにかまれるなどして感染し、発熱やしびれなどの症状が出る。1例目の社員と同時期に同じ部署で働いたことはなく、サルの体液に触れて感染した可能性があるという。市保健予防課は「人から人へ感染する可能性はほぼないので安心してほしい」としている。

無断転載禁止
970101 0 医療・健康 2019/12/24 21:27:00 2019/12/24 21:27:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ