ゲノム編集で双子誕生、中国研究者に懲役3年判決…「倫理違反知っていた」と断定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】中国国営新華社通信によると、中国広東省深セン市の南山区人民法院は30日、人の受精卵を「ゲノム編集」技術で遺伝子改変し、双子を含む子供3人を誕生させた中国人研究者の賀建奎フォージエンクイ被告に懲役3年、罰金300万元(約4700万円)の判決を言い渡した。賀被告は公判で罪を認め、反省の態度を示したという。

 判決によれば、賀被告は南方科技大学の副教授だった2016年から、営利目的で深センなどの医療機関に所属する2人と共謀し、偽造した倫理審査資料を提示するなどして、夫がエイズウイルス(HIV)に感染した夫婦を募集した。ゲノム編集を行った受精卵で2人を妊娠させ、3人の子供が誕生した。

 判決は、賀被告らが「国家の関連規定や医学倫理に反すると明確に知っていた」と断定した。共犯の2人も有罪が言い渡された。

 賀被告は18年、ゲノム編集技術で双子の女児を誕生させたと自ら公表し、世界に波紋を広げた。

無断転載禁止
978099 0 医療・健康 2019/12/30 15:13:00 2019/12/30 21:04:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ