風疹患者、2年連続で2000人超…75%が成人男性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立感染症研究所は、2019年の風疹患者の報告数が2306人になったと発表した。12月23~29日の1週間で12人と、8週ぶりに2桁に増えた。都道府県別では、東京が854人で最多。神奈川295人、千葉200人、埼玉198人、大阪132人と続いた。患者の約75%が成人男性だ。

 今回の流行は18年夏に始まり、2年連続で2000人を超えた。免疫が十分でない妊娠初期の女性が感染し、おなかの赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起こる恐れがある「先天性風疹症候群」の患者も4人報告されている。

無断転載禁止
1003531 0 医療・健康 2020/01/16 17:50:00 2020/01/16 17:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ