手についたウイルス、口や鼻さわると体内に…手洗いはアルコール消毒有効

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる肺炎にかからないようにするには、手洗いを徹底することが大切だ。

 手すりなどには、ウイルスが付着していることがある。手についたウイルスで口や鼻などを触ると体内に入ることがある。

 手を洗う際は、手のひらだけでなく、指の間や手の甲、指の先などもしっかり洗う。アルコール消毒も有効とされている。

 また、せきやくしゃみのしぶきに、ウイルスが含まれている場合がある。せきやくしゃみをする際は、袖やティッシュを使って口や鼻を覆う。感染を広げないようにするために、マスクを着用する。

 人混みに行くことは、なるべく避ける。室内にいる場合は、こまめに換気することも必要だ。

無断転載禁止
1025265 0 医療・健康 2020/01/29 11:24:00 2020/01/29 11:24:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ