新型コロナ、SARSに比べ「感染力が強い恐れ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 武漢からの中国人ツアー客を乗せたバスの男性運転手に続き、新たにツアーガイドの女性からも新型コロナウイルスが検出された。感染拡大への不安が広がる中、専門家は、冷静な対応や基本的な感染予防策をとるよう求めている。

 神戸大の岩田健太郎教授(感染症内科学)は、バスの同乗者から新たな感染者が出るのは想定の範囲内とし、「自宅や受診した病院、移動先で接触した人など、これまでの行動の情報を早く把握することが重要だ」と指摘する。

 その上で、「今回の広がり方を見ると、新型コロナウイルスは、SARS(重症急性呼吸器症候群)のウイルスなどと比べて感染力が強い恐れもある。早急に患者に関する情報を集めて対策を講じれば、感染拡大を抑えられる可能性が高まる」と話す。

 本村和嗣・大阪府感染症情報センター長は、「運転手と同様、中国人ツアー客からうつった二次感染であれば、これまで通り、武漢への渡航歴などがない人は過度に心配することはない」と語る。

 一方、もし運転手からうつった三次感染であれば、今後国内でさらに感染が広がる恐れがあるとし、「一般の人は不要不急の外出を避け、より一層、感染予防に努めてほしい」と呼びかけている。

残り:33文字/全文:538文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1027145 0 医療・健康 2020/01/30 07:58:00 2020/03/09 14:46:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ