症状なくても様子見て・こまめに換気を…専門家指摘

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 症状のない新型コロナウイルスの感染者が国内で見つかったことについて、東京慈恵会医科大の浦島充佳教授(公衆衛生学)は「ウイルスを持っていても、はっきり症状が出ないことは、季節性インフルエンザでもあり得る。症状がなくても、今後の体調の変化などは様子を見る必要がある」と指摘する。

 くしゃみなどで飛び散るしぶきのうち、小さいものは、しばらく空気中を漂う可能性があるという。このため、浦島教授は「こまめに換気することが大事だ。ウイルスは粘膜から感染する可能性が高いので、マスクは顔に密着させてつけるように心がけてほしい」と注意を呼びかける。

残り:33文字/全文:303文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1027447 0 医療・健康 2020/01/30 12:30:00 2020/03/10 12:09:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ